展示のご案内


のんびり楽しく暮らす『平和な小国の住人たち』
郷津晴彦×宮地岩根

郷津晴彦がつくる小さな国の住人を宮地岩根が撮りました。
実物と写真あわせての展示です。

2018年5月9日(水)~13日(日)
11:00~19:00(初日13:00~/最終日~17:00)
谷中画廊 https://www.yanakabu.jp/
〒110-0001 東京都台東区谷中5-8-21 
■ JR「日暮里」駅西口より徒歩4分
■ 地下鉄 千代田線「千駄木」駅 2番出口より徒歩8分
Tel.090-3201-3405(重盛)

平和な小国
https://www.instagram.com/heiwanasyoukoku/?hl=ja
https://twitter.com/?logged_out=1&lang=ja

郷津晴彦(ごうつ はるひこ)
東京芸術大学工芸科卒業。同大学院修了。個展を中心に作品を発表。日本テレビ『美の世界』出演。ミュージシャンとして近藤等則、山内テツ、小杉武久、浅川マキ、ペーター・ブロッツマン等と共演。小説執筆も。2016年から架空の『平和な小国』を建設中。漂着物学会会員。超芸術探査本部トマソン観測センター員。


宮地岩根 (Miyachi Iwane)

1965生まれ。11歳から14歳まで石垣島で過ごし南の海のとりこになる。1986~1989年 広告写真家の高井哲朗氏に師事。1989年独立して「宮地写真事務所」を設立。2007年イラストレーターの妻と共同で「有限会社宮地スタジオ」を設立。雑誌、広告写真を中心にクリエイティブな表現をめざしている。東京都阿佐ヶ谷のスタジオを基点に人物、商品を問わず撮影する一方、プライベートで沖縄や海外の撮影をライフワークにしている。JEEP島とは2002年に出会いそれ以来毎年、年に数回訪れて撮影している。カレンダーの撮影では水中写真をはじめ、凧を使った空撮を試みていて、多くの作品を生み出している。